機関誌「日本書道」の創刊、展覧会・研修会の実施など、日本書道院は書道文化の高揚・書道教育の推進に尽力してまいりました。

  • contact
  • access

情報配信コーナー

機関誌「日本書道」・展示会・研修会について

伝統的な「漢字」「かな」と、今の日本語で綴る「詩文書」および「学生の書」から成り立つ日本書道院の書。

審査会員・同人各位

毛筆細字部新設
一般社団法人日本書道院では、「日本書道」誌にペンによる硬筆部を設けて3年が経過しました。
 この間、多くの方に競書出品を頂いている中で、手紙や祝儀袋の表書き、また各種受付での氏名揮毫等の日常生活で役立つ毛筆細字についても勉強を行いたい希望が寄せられていました。その声に応えてこの度「毛筆細字」部を開始することにいたしました。

1 開始時期  10月号に手本掲載し、11月から競書募集を開始。
        発表は2018年1月号から。 
2 対  象  全てを一般部として行います。
        *学生も出品を可とするが、学生部としては扱わない。
3 競書誌形式 「日本書道」誌に併せて掲載する。
        *現行の硬筆部と併せて「毛筆細字」の参考手本を掲載する。
4 手本内容  手紙等の時節の挨拶や年賀状で使用できる言葉、古典の中から細字毛筆勉強
        に役立つものから臨書課題等を掲載する。
5 使用用紙  競書として提出する用紙は現在「硬筆部」で使用している用紙と同じ物とする。
        *書道教室や自宅での練習時の使用用紙は特に指定しない。
        *提出専用用紙は5冊1セットを1000円で販売。
        *購入の際は事務局まで申込みのこと。
6 揮毫用具  小筆・筆ペン等の毛筆や軟筆。ただし、毛筆小筆等の経験の少ない方はペン
        先の柔らかいフエルトペンも可とする。
        *ペン先の堅くない太さの変化の付けられる筆記用具は可。
7 競書誌価格 現行の送料込700円は当面変更しない。
8 競書締切  現行の毎月23日頃の締め切りに合わせる。
        *毛筆競書と同封で差し支えないが、開封時に毛筆細字部が分かるようにす
        ること。
9 段  級  毛筆部や細字部のような段・級制度ではなく、競書出品頂いた全作品を審査
        の結果「天位」「地位」「人位」として発表する。
        *競書出品の状況により、後年「玄位」等の認定試験を行う。
10 出品票   現在「日本書道」巻末添付の出品票「半紙出品券2・硬筆出品券1・条幅出
        品券1」合計4枚を、11月号から以下の4枚に改める。
        ◎半紙出品券1枚…半紙作品全般で使用。学生部・漢字部・かな部・詩文書
         部・臨書部の半紙作品で使用できる。
        ◎硬筆出品券1枚…硬筆部専用の出品券。基礎部・応用部に使用できる。
        ◎条幅出品券1枚…条幅(半切)作品で使用。漢字部・かな部・詩文書部の条幅
        作品と栄誉師範各部で使用できる。
        ◎自由出品券1枚…毛筆細字部に加えて、上記の半紙出品券又は条幅出品券
        ・硬筆出品券として使用できる。
11 その他   他誌からの編入については「毛筆細字部」は行わない。硬筆部等からの編入
        も段・級がないので行わない。
硬筆部使用用具について
硬筆部使用用具について
1 幼児並びに小学生は「鉛筆」とする。鉛筆は写真版で雑誌掲載等を考慮し「B」以上の濃さのものを奨励する。
  シャープペンシルについては、鉛筆「B」と同様の濃さであり、芯の太さが0.5ミリメートル以上を推奨します。
  なお、競書提出の際には消しゴムの使用は認めますが、用紙に汚れの残らないようにきれいに消しゴムを使用してください。
2 中学生については、左記「鉛筆」「シャープペンシル」に加え以下の書き方ペンと同程度の
  各種水性・油性のペンでの提出を可とします。
 ⑴呉竹製 「硬筆かきかたペン」細字(0.4㎜)EAL100―10
  呉竹製 「クリーンカラー Kawaii」細字(0.5㎜)TCS―6000ブラック
  *細字・太字のペン先が両端についているタイプ。
 ⑵サクラクレパス製 「サクラプラスチックペン」細字(0.4㎜) AK―S
  サクラクレパス製 「サクラサインペン」極細(0.3㎜)WK―E
  金額はそれぞれ1本一〇〇円程度です。
  なお、各都道府県教育員会で実施する書写教育で推奨しているペン及び他社同程度のペンについて
  使用は差し支えありません。
3 一般部(基礎部・応用部)
 前述2のペンと同程度の各種ペンでの提出をお願いいたします。
 中学生と一般部でペンにより提出する場合、誤字等を修正液で抹消して書き直しはご遠慮ください。